« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月28日 (火)

エア・ギア

最近、いやずっと前から腰が痛くて近所の骨接ぎに通っています。
そこが骨接ぎだったのは、僕の子供の頃で、よく骨折とかねんざをすると連れて行かれました。柔道場の師範であるおじいさんの院長が、「えいや!」とひねるとたちどころに直るという、本当に凄いところでした。

今は代替わりして、電気治療やマッサージが主です。

で、そういう話しではなく、そこにおいてある漫画の話。

先生の息子さんが読み終わった漫画を待合室においていて、最近のまんが事情はここで吸収していたのですが、今読んでいるのは「エア・ギア」という漫画。ローラースケートを電子化して、空をも飛べる「エアトレック」という遊具が出てくる話。スピード感やお話等面白いのですが、「対決」や「ルール」が出てきてすっかり「少年ジャンプ」系の漫画と思っていたら、「講談社」でした。対決もののストーリーの王道に加え、明らかにゲーム化しやすい設定。どこも苦労してるのか、あんまり考えていないのか。一昔前は各漫画雑誌もそのカラーがあったのですが……。

まあ、特に意見はないです。漫画もありきたりな展開と絵柄を除けば割と面白いかもって位だし。

Kumo_mokumoku



横井監督「観察」撮影現場より…

| | コメント (0)

2006年11月26日 (日)

YouTube

以前も書いた「893239」プロジェクト。
試行錯誤しつつ、世に出る機会をうかがっているようですが、その第一弾としてなんと、「YouTube」で無料公開してしまいました。

元々奇抜な企画だったのですが、相変わらず斬新な公開の仕方でびっくりですが、良ければ見てください。なんたって無料(タダ)です。
一応、サイドバーのリンクにも張っときました。

23作品をupしているそうで、中には1300近いアクセスのものもあるそうですが、先ほど見たら、僕の作品は50でした。まあ、ひねった内容で、「893239」全作品とともに見ることを前提にしてあるので、単体で見るとそりゃそうだよね…って感じデス。

という訳で、ロケハン中の写真

Koutei

| | コメント (0)

2006年11月24日 (金)

なんとか

昨日の夜中、横井健司監督の新作「観察」の撮影が終わりました。久々に助監督として働いたのですが、やっぱり大変です。なのがって体力が……。

この映画、一人の女性を観察し続けた男の話。制作会社社長兼俳優の小沢仁志氏は当初「タイトルを聞いて変態恋愛映画かと思った」と言ったそうですが、かなりな「純愛映画」です。面白いですよ。いわゆる「韓流映画」の純愛物と違った描き方で、かっこいい。

自作の「ワーストコンタクト」でも経験していましたが、冬場の撮影は太陽との戦い。昼すぎたと思ったら、すぐに暮れてしまう。今回もそんな撮影で結構ハードな日々が続き、ブログもほったらかしになってしまいました。

いい訳です。

と、言う訳で写真なしですが、近況まで……。

もう一つ。横井監督の新作が12月2日から公開です。
イヌゴエ2」戌年のうちに公開するため、全力疾走で作ったそうです。
台本は凄く面白かったです。
ぜひ見に行ってください。

|

2006年11月 6日 (月)

暗い話

昨日、深夜タクシーで帰宅中。
車内のラジオで戦争中の話しをしていた。
「戦時中、犬や猫を強制的に処分させられた」という当時の証言の朗読。

連日の作業で疲れきった中、年配の方の悲痛な体験談を聞いて、さらにブルーになりました。
そして、タクシーを降りる時、運転手さんが「こういう話しは胸が詰まされますよね」と語りかけていた。
「そうですね。つらい話しですよね」と受け答えすると、彼は「私も犬と猫を一度ずつ碾いちゃったことがあって。
なんだかねー」って。

なんか、どんより重い気分になった夜でした。

と、言う訳で、今日は写真なし。

|

2006年11月 5日 (日)

忘れた

現在このブログにもリンクされてる「ヨコガキ∞タケガキ」の横井監督作品の助監督をしてます。
10年来の先輩なのですが、僕も5年ぶりの助監督なので随分ダメダメみたい。

クランクイン間近な今日は、予定表を書こうと、ひな形をエクセルで作ろうとしたのですが、どういうフォーマットか忘れてしまった。結局ひな形作るのに40分もかかってしまいました。

という訳で、再びロケハン写真です。

Bw

|

2006年11月 3日 (金)

ロケハン

またまた中断してしまいました。
ただいま、先輩の作品に参加してます。

その準備で大忙しですが、ロケハン中の一こまを、

埼玉県のとあるコンビニの入り口で……。

Osuwari_cat01



Osuwari_cat02

|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »