« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

失われた大晦日

番宣は続く…。

5日間の編集作業の末、30日の午前10時からスタジオの編集室に入り、最終作業を始めました。当初21時くらいに終わるつもりで、「夜中12時になったら怖いね」なんて雑談をしていると、部屋の入り口に「作業時間10時〜31時」と張り紙。

「!?」となって、話を聞くと、スタジオの営業の方が「遅くなりそう」という言葉を聞き、部屋の予約を入れたとのこと。「大げさだよ〜」と話し合っていたら、終了時間「32時」……。

今日の朝8時頃終わりました……。

そもそも徹夜で作業にいってっため、50時間ブッツヅケ。
家に帰り、即寝。
起きたら18時すぎ……。

結局今年の年末&大晦日は何もしないまま、年が明けてしまう。
まだ気持ちは2006年11月25日くらいなのに!
2007年を迎える気持ちがまだ出来ていないのに!

という、2006年最終日でした。

年賀状書こうっと…。

1231_01
1231_02


2006年最後の朝

| | コメント (2)

2006年12月28日 (木)

中島美嘉

引き続き、宣伝番組の話。

主題歌を歌っているのが、なんと中島美嘉さん。
現在SPOTCMでも流れていますが、素敵なバラードです。

と、言う訳で12月22日に取材に行ってきました。
その内容は、1月8日の”正社員VS派遣社員「ハケンの品格」徹底調査”を見て頂ければ、となにげに宣伝しときます。

凄かったのは取材相手だけではなく、その場所。
当日「ミュージックステーション特番」に出るため、幕張に行っていた彼女を追いかけ、幕張のホテルの一室で撮影。
その窓からの景色が、

Sungoesdown


スタッフ一同、撮影前までずーっと眺めてました。癒されました。
きっと、クリスマスには多くのカップルがこの景色を見ながら……。
ちょっと、悔しくなりました。

中島美嘉さんと言えば、映画「NANA」の大ヒットで女優としても有名。「NANA」の現場制作会社、エクセレントフィルム、というのですが、僕もこの会社で、哀川翔主演「ワーストコンタクト」というSFヤクザ映画を撮りました。
そちらの映画の方はそんなにヒットしませんでしたが、現在DVDレンタル・発売中です。宜しくお願いいたします。
と、再びさりげなく宣伝しました。

ワースト☆コンタクト DVD ワースト☆コンタクト

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/02/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年12月26日 (火)

篠原涼子

篠原涼子さん主演の日本TV1月期連続ドラマの宣伝番組を作っています。
またまた、家に引きこもり。クリスマスも年越しもありません。
悲しい。

本編の番組はかなり面白いです。
と、思います。
ぜひ見てください。
1月10日からです。

で、その打ち合わせで横浜方面のとある駅に言った時。
ふと入ったトイレの具合が何かおかしい?
何なのか?よ〜く見たらこうでした。
「的」……なんだろうね。

Toilet01_1
Toilet02_1
Toilet03

| | コメント (0)

2006年12月14日 (木)

地球を守ろう

昨日、ついに横井監督作品「観察」の撮影が終了しました。
先月でクランクアップしていたのですが、どうしても天候の問題で取り残したショットだけを、10人くらいで撮影に行きました。

当初晴れ予報で楽観していた撮影ですが、最終的には半日ごとに、雨、曇り、晴れがめまぐるしく変わる予報。
13,14どちらで撮影するか、悩んでいたのですが、昨日決行!
とりあえず、午前中は晴れ、午後から曇り、夕方に小雨、夜雨、の中をすり抜けて無事撮影終了。疲れました。

という訳で、お昼過ぎに道ばたで撮影した写真です。


Naku_tikyu01


Naku_tikyu02

| | コメント (0)

2006年12月10日 (日)

幽霊

細かい仕事が舞い込み、いろいろ打ち合わせな毎日。
でも、自宅でも毎日重労働があり、たいしたこともしていないのに、へろへろです。年はとりたくない。

幽霊が出てくる話しを3年間ぐらい考えているのだけど、幽霊って何なんですかね。
いつもここで考えが止まってします。
まだまだ、考えたらずです。

Nerau_neko

タイトル「狙ってる!」



| | コメント (0)

2006年12月 6日 (水)

横井組の撮影も終わり、自宅にこもって企画書の直しとか、仕事のメモとかを作っています。

そう、地味な毎日です。

ビデオで前から見たかった「ロード・オブ・ウォー」見たくらいかな?ニコラス・ケイジっていい俳優ですね。特に悪人だったり、情けない人をやると一番いい。間違ってもマッチョになって銃を振り回さないように。

映画は予想しいていた内容で、興味深いモチーフでした。描き方は多分にPOPすぎる気もしますが。もちっと地味に、深くやった方が笑いも感動も恐怖も出るような気がします。でも、まあ、面白かった。かな?

Mokumokumo


久々の現場で、朝5:30くらいの駅前。冬の入道雲

| | コメント (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »