« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月24日 (月)

村瀬(仮名)つづき

恐る恐るマッサージ台に横たわる。すると「

どっか悪いところある」とぶっきらぼうに…。

「え!ため口!?」

と思いながら、
「いや〜腰がばりばりで…、ギックリ腰手前って感じで…」
とぼそぼそつぶやくと、
「うわ!堅いねー。運動やってんの?」
「いや、あの、最近は特には…」
「ダメだよ!運動しなきゃ!だからこんなになるんだ!」

「え!説教!?」

なんて答えていいのか、軽いパニックに陥る。

(ここの指圧師たちのヒエラルキーの中で、多分村瀬が一番下。その村瀬に説教されてる俺は、今、この店内で一番下の人間なのか!!)

(いや、別に村瀬の方が年上なんだから、年上を敬う気持ち的には下でもいいんだが、そもそも店側とお客という立場は一体どうなるんだ…。俺は客とも思われていないのか…!)

そんな事を3秒くらいの間にぐるぐる考えて、出てきた言葉が

「あ、はぁ…」

(ここでへりくだったら負けだ。店内最下層の地位決定になってしまう。それだけは避けなければ…。とはいえ、相手は俺のボディーに直接攻撃を仕掛けられる立場。へそを曲げられたらどんな不快な目に遭わされるか…)

その間、村瀬は必要に会話を要求し続ける…

「針言ってんの!」
「はぁ?」
「針だよ!」
「いや…。特には…」
「針がいいんだ!針ならすぐ治る」
「いや、でも痛そうだし…」
「ふん!みんなそう言うけどね!」

迫り来るため口、説教口撃に反応するため、高速回転する俺脳!マッサージが効いてるかどうかもわかりゃしない。

しかし、強気に出ず丹念に受け答えをしていると、少しづつ村瀬の口調が優しくなり始める。

「寝る前に体ひねりな!寝る前なら忘れないだろ。それだけでも効くから」
「あ、そうですか。わかりました」
「仕事、大変なんだろ。定期的にマッサージしろよ」
「はぁ」
「腰はどうだい?」
「あ、ああ!楽になりました。うん。良くなりましたよ」
「そりゃ良かった」

結局なんだか弟分のような扱いに落ち着いた…ようだった…。

「つらくなったら、また来いよ!」
「あ、お願いします」

といって、店を後にしたが、多分もう行くことはないだろう…。

| | コメント (0)

2007年9月21日 (金)

村瀬(仮名)

とある晩。
徹夜の編集仕事が続き、持病の腰痛がひどくなってきた。近所に某チェーンのマッサージ屋があったのを思いだし、夜中ならすいてるだろう、と深夜2時くらいに行ってみた。

確かにお客は少なかったが、その分指圧師も少なく一時間待ち。予約を取り深夜3時頃に再び店へ。初めてのお店だし、飲み屋街の近くなのでどんな人がもんでくれるのか、ちょっと不安で店内を見回しながら待った。髭を蓄えた怖そうな人と、さわやかな青年風の人、二人の指圧師がいた。

「どっちの人かな?青年風の人の方が気楽でいいな〜」なんて考えていたら、その青年風が空いた。

しかし、彼は僕の前に待っていたキャバクラのお姉さん風の人の担当になった。「どの辺がこってますか?あ〜大変そうですね」などとソフトな口調でマッサージをする青年風。僕は「あの怖そうな人か…」などと一人待っていたところに、「ドスドスドス!」っと足音が響き渡った。

振り向くと小太りで、パーマをかけたおばちゃんがコンビニ袋を持って店内に入ってくる。その姿はまさに、古屋実の漫画に出てきそうな感じ。「あれ?こんな夜中に掃除のおばさんかな?」一瞬そう思った。

そのおばさんは僕に目をくれることもなく、一直線にマッサージルーム(仕切りだけでつながっているのだが…)に入っていった。その瞬間髭男が「村瀬!遅いぞ!」と怒鳴りつけた。おばさんは「うす!」と低い声で返事をした。さわやかそうな青年風も、キャバクラネェチャンをマッサージしながら、「村瀬!遅いよ!」と怒鳴る。

なんか怖いよ二人とも!とあっけにとられて聞き耳を立てた。どう見てもそのおばちゃんが一番年上に見える。しかし、指圧の世界は体育会系。先輩後輩の間が厳しいのか…。などと人ごとのように観察していたところへ、髭男が「村瀬。客」と低い声。おばちゃんは相変わらず「うす!」とハスキーボイスで答える。

「え!俺!」とようやく事態に気づいた。「別にどんな人でもかまわないが、うまい人にやってもらいたい。でもここの人間関係をみると、村瀬さんが一番の新人っぽい。大丈夫だろうか…」と不安におびえる僕…。

つづく

| | コメント (0)

2007年9月20日 (木)

総裁選

毎週日曜日は「サンデープロジェクト」と「サンデージャポン」を切り替えながらみています。

そのまま、渋谷に打ち合わせに出たらものすごい人出…。
Jimin_2





さすが関心高いなー。などとあたりをみていましたが、みんな携帯で写真撮っててて、なんか芸能人を囲んでるみたいな雰囲気でした。

大丈夫か!日本人!
 

| | コメント (0)

2007年9月 2日 (日)

氷殺ジェット!

今回はゴキブリ愛好家の方はご遠慮ください。

夏!奴らの季節!
我が家ではもっぱら「ゴキジェットプロ」(アース製薬)を使ってました。
こいつの威力はもの凄くて、ほんの一瞬でも奴らの体にガスがかかると数秒以内に活動停止させられる優れもの。しかし、あまりの威力に「ものすんごい劇薬なんだろな」とちょっと不安に。使用後は思いっきり窓を開け、換気。噴射した場所をゴシゴシ掃除してました。

そんなとき、CMで見たのが、「氷殺ジェット」(ライオン)殺虫成分を使わずに、虫を凍らせる。「これだ!」と思いました。これこそ地球に優しく人類に優しい究極のスプレー。おりしも、日経新聞に開発の苦労話も乗っていて、走って薬局に買いにいきました。

そして、いよいよ対決の時!

流しの中で黒光りする奴の背中めがけ、ブシュー!!

奴は一目散にカサカサ逃げ出す!

お、おかしい、
再度ブシュー!

カサカサ…

ブシュー、ブシュー、

スプレーを吹き付けること10秒間、
ようやく奴の動きが止まる。
そして、流しのステンンレスには白く霜が降りている。

しかし、その間奴はしつこく逃げ回った。

スプレー缶の注意書きを良く読むと、「適用害虫 カメムシ、クモ、ムカデ、ゲジ、アリ…」

奴らにはパワー不足なのか?気のせいかちょっとクラクラしてきた。注意書きには「屋内で10秒以上噴射する場合には、窓を開けて使用してください」と書いてあった…。やはり何らかの薬品を使用している訳で、別に人体に無害な訳じゃ…。

信じていた友人に目線をそらされたような、軽い切なさを感じていると、再び日経新聞に「氷殺ジェット、355万本回収!」の記事が…。

奴らと人類の死闘はこれからも続く…。

| | コメント (2)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »