« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月23日 (金)

六本木シネマート

今日、先輩の横井健司監督の映画「太陽が弾ける日」を見てきました。

前後編4時間を超える大作を、劇場用に2時間近くに編集したもの。脚本を読ませてもらった印象とはかなり違って、戦争映画並みに銃撃満載のアクション映画になっていました。

緑と青で表現されたフィリピンで、最下層からのし上がる仲間たちの話。ビデオ版は多分落ち着いた人間ドラマとアクションの映画になっていると思います。

と言うことで、中々かっちょいい映画だったのですが、上映していた場所「六本木シネマート」!

初めて来たのですが、駅のすぐ近くの路地裏にあり、4階建ての建物は映画館だけで4スクリーン。落ち着いたウッド調の壁面に、映画グッズ売り場、広いロビーなど、似たり寄ったりのシネコンが多い昨今、癒し系の大人の映画館でした。

そして、懐かしいATG映画特集なんかもやっていて、おもわず10代の頃、名画座をハシゴして2本も3本も映画を見ていた日々にちょっとタイムスリップ。

「今の人は昔と違ってあらゆる名作を、好きなときに見ることができて幸せだ」って言うけど、その代わり旧作を上映していた映画館が次々となくなり、「逆に不幸になったな」って気がしていた今日この頃だったので、これは「凄いことだな!」と。それと同時に、名画座が閉館になったのはやはりお客さんの減少だったので、「大丈夫かな?」という不安も少々。

と言うわけで、ぜひ、「映画」を見たい人は劇場に足を運んでみてください。


(ちなみに横井監督のブログ「ヨコガキ☆タケガキ」たま〜〜〜にしか更新されませんので、気長にお待ちください)



Fuji


日本一の山(先日の撮影中)

| | コメント (0)

2007年11月22日 (木)

野鴨

え〜、何ヶ月ぶりでしょう…。
すいません。

いろいろ忙しかったのと(気力的に…)、まあ、いろいろ。

とりあえず、先日撮影の終わった仕事でプロデュース業をしていました。
その出演者の石田えりさんに誘われて、石田さんの出演している舞台を見てきました。
野鴨

イプセン、デス。

いや〜。「人形の家」ぐらいは知っていたのですが、「七色いんこ」(手塚治虫著)で…。

不勉強でした。
中々、あの時代の芝居は「見なければならない」的なプレッシャーと、外国の名前が取っつきにくくて、全然知らなかったのですが、まさに「目から鱗」的なおもしろさ!

出演の手塚とおるさんや石田えりさんを始め、出演者が良かったことと、舞台装置が見事でした。稽古場に樹木を配置して、まるで、森の中でリアルに展開する事件を一緒に体験しているようで…。凄いですね、演出のタニノクロウさん。これも不勉強で初めて見たのですが…。

と言うことで、今月いっぱいやっているそうなので、レッツゴー!

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »