« 2008年6月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月20日 (火)

ヴァンダム

映画「その男ヴァンダム」見ました。(一般評価

年を取って、アクションもしょぼくなり仕事もなくなった落ち目の元ハリウッドスター、ヴァンダム。
故郷に戻ってフラッと立ち寄った郵便局でとんでもない事件に巻き込まれる。

自虐ネタ満載のおばか映画かと思って見に行きました。

アート映画でした…。

フランス映画なんですよね、確か。

コメディーのふりをして、ヴァンダムの内省映画。
そんなにおもしろく(笑えるという意味で)ないのですが、好きな映画でした。

そういえば、クドカン出世作映画「GO」の中で、窪塚洋介と柴崎コウの台詞の中で、

窪塚「俺は、ヴァンダムになる」

柴崎「バンダム?」

窪塚「ヴァンダム」

って台詞がありました。

いや、ただそれだけだけど…。

僕らの世代にはそういう意味でなんとなく引っかかる俳優でした。

スティーブン・セガールと一緒で…

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

ありふれた奇跡

久しぶりにTVドラマ見ました。
時代はかわっていきますが、相変わらず良い感じのドラマです。

ありふれた奇跡
特殊な設定もなく、町中ですれ違う人々のドラマという感じです。

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

映画「クローンは故郷をめざす」

アップが遅れてしまいました。

去年プロデューサーで参加した作品が公開されました。

クローンは故郷をめざす
エグゼクティブ・プロデューサー:ヴィム・ヴェンダース
監督:中嶋莞爾(2006年サンダンス・NHK国際映像作家賞)
出演:及川光博 石田えり 嶋田久作 品川徹 永作博美

ヴェンダースが惚れ込んで、サンダースで受賞した脚本です。
監督は実験映画で、各国の映画祭で受賞歴を持つ、異色の経歴を持ち主中嶋莞爾。

日本映画にはあまりない感触の作品になっていると思います。

有楽町の映画館で、絶賛公開中です。
ぜひ見てください。

| | コメント (3)

2009年1月 7日 (水)

明治神宮

去年も確かおんなじような写真を載せたような…。

詳しくは、一年前のブログを見てみてください。

と思ったら写真が行方不明。

1月3日に初詣に行きました。

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

最近と逆だね…

半年もブログをさぼってました。
さらっと再開しようと思いましたが、締まりが悪いので書きます。

「再開します」

なぜ、さぼっていたのかはおいおい…。

さて、先日久しぶりに友人とビデオ上映会をしました。
70〜80年代の角川映画にハマっている僕らは、
スローなブギにしてくれ
翔んだカップル
探偵物語
「恋人たちの時刻」(動画
という4本だて。

映画の感想はいろいろあるのですが、とりあえず中年になって見返して思うのは、「なんて身勝手な男たちばかりなのだろうか!」ということ。

「スローなブギにしてくれ」は女性二人と男性二人で共同生活をしている山崎努と、無鉄砲なだけの青春まっただ中の古尾谷雅人の元へ、浅野温子が転がり込んでくるというもの。

二人の男と同居した後、出て行った浅野温子のことを山崎努が「猫みたいな女だったな。二人とも捨てられたんだよ」という台詞があるのですが、「あんた達みたいな男だったらそりゃ出て行くわ!」ってな無軌道ぶり。

「翔んだカップル」は高校生なので、薬師丸ひろ子や石原真理子に対する、鶴見辰吾の身勝手さも「若気のいたり」ですむのですが、「恋人達の時刻」の野村宏伸はひど過ぎ!「そりゃ河合美智子もつきあいきれんわ!」しかも別れ際の空港で、誰もいないゲートをくぐっていく河合美智子を追いかけるでもなく…。

唯一「探偵物語」は薬師丸ひろ子に対して、松田優作は大人の態度で接しているのがわかるけど、なんと松田優作「33歳」の設定!大人過ぎ!無理そんな態度!と逆に思ってしまった。

作品それぞれの評価とは別に、「角川映画って、身勝手な男性が女性を振り回して不幸にする話ばっかり」と言う結論に達しました。
そのとき友人が「最近と逆だね…」とポツリ…。

あれから20年。
日本社会も変わったよね。

今年一年…。大丈夫かな…。男達…。

スローなブギにしてくれ [DVD] DVD スローなブギにしてくれ [DVD]









販売元:パイオニアLDC
発売日:2001/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 翔んだカップル 完全オリジナル版 翔んだカップル 完全オリジナル版
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

| | コメント (2)

2009年1月 1日 (木)

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。

10時間前まで、大掃除をしていました。

そしたら、びっくり!
今年の夏にベッドを買い替えました。
「眠りは重要」と思い、某Fベッド社のスノコベッドを買ったのですが、なんとマットレスをあげて、スノコを外し床の掃除をしていたら、ヘッドボードの下に大量のカビが!

「人間は睡眠中に1Lの汗をかく」と、理科の時間に教わったのですが、その湿気が全てスノコの下に!

確かにFベッド者の人も「最近スノコが流行なので発売したのですが、発売したばかりで長時間使用した効果はわからないんですよ」とは言ってました。

スノコベッドの人は、ひと月に一度、分解して風を通しましょう。

今年もよろしくお願いします。

多胡

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2009年2月 »