« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年5月

2011年5月27日 (金)

長崎俊一監督 新作

昨年ヒットした「西の魔女が死んだ」以来の長崎俊一監督 最新作 上映中!

成海璃子 忽那汐里 森田彩華 草刈麻有 出演
水生大海 原作
少女たちの羅針盤

原作は推理小説家の島田荘司が審査員を務める、広島福山市のばらのまち福山ミステリー文学新人賞」の優秀作。

広島の風景の中で、4人の少女達の生命力と得意のサスペンス。伸びやかに、せつなく、感動的に描いています。

スタイリッシュなハードボイルドとサスペンスのが得意の長崎監督。なぜか最近は少女づいてますね。でも、さすが。長崎監督の職人技が光る一編です。

上映劇場

Rashinban_2

| | コメント (0)

2011年5月17日 (火)

核のゴミ

恐怖をあおる気はないのですが、昨夜こんな番組を見ました。

核のゴミシリーズ 世界のドキュメンタリー
終わらない悪夢(前編)」 NHK-BS1 深夜0時〜

アメリカが初期の原爆開発の汚染水、廃棄物をコロラド川に垂れ流しているということ。
ロシアが初期の原爆開発の汚染水を垂れ流し、チェルノブイリ以前の大規模な核爆発を隠蔽していること。

それぞれの地域の住民は癌が多発し、現在も危険な状態のママ、放置されているということ。

後編は、フランスの核処理した廃棄物がシベリアで野積みにされていることらしい。

廃棄物の海中投機をさんざん行っていたりして、福島の放射能がどうのというレベルではないね。

文明、経済の発展のために原子力が必要って言うけど、処理できないゴミを生産して、寿命を縮めてまで必要なのだろうか?そこまで電気を使わないと生活できないのだろうか?毒を飲みながら儲けたつづける。おかしな生き物だよね。ねえ、中曽根さん。

っていうか、原子力が必要なのではなくて、電気が必要?
電気が必要なのではなくて、快適な生活が必要?
快適な生活って何?

ところで、東京電力の経営陣を救済するのが今の法案なのかな?電力設備とか、そこで働く人々の力は残さなきゃいけないけど、こんなに危機意識の薄い経営陣はいらないんじゃない?別の方面には危機意識高いみたいだけど。

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

原発〜管首相の逆襲Vs.電力会社

オバマの決断にあおられたのか?政治パフォーマンスか知らないが、浜岡原発停止要請は、この国の首相がようやく正常な判断力をはっきしたのではないでしょうか?

「想定外」は2度は使えないからね。そもそも「想定内」を「政治」と「経済」の理由で見ないふりしてただけってばれちゃったから。

「経済的損失」という人は、東北の現在の「経済的、人道的損失」いや、「政治、電力会社、経済」の犠牲者の方々をどう見ているのか?

それに引き換えこれhttp://twitter.com/#!/tadagenpapa/status/65739642254790656。

浜岡の結論先送りといい、ボーナス支給といい、電力会社はまだまだ正常な判断が出来ませんね。もともと、原子力をバックアップしていた自民党議員の援護射撃待っているのかね?

| | コメント (0)

2011年5月 5日 (木)

カッコいい

ロケ先で見つけたお店。素敵な髪型にになりそう。

Riyouten

| | コメント (0)

2011年5月 2日 (月)

震災〜政治家

政治の話題は取り上げたくないんだけど、どうしてもね……。

もちろん責任問題を取り上げるのは早すぎるかもしれない。でも、政治家も東京電力もすでに責任転嫁作業に移ってる。どういうこと?

民主党が最悪なのは、政権与党として日本再生に力を注ぐこの時期に、「管おろし」に力を入れていること。しかも、権力者自ら。修正するのではなく否定する作業に力を入れる。まさに「真性野党」としての面目躍如。

管首相が無能かどうかも重要だけど、無能ならそれを支えるのが政権与党のすることでは?

それから国の原子力政策を推進してきたのは自民党と電力、土木関連。この人達の責任はどうなっているの?民主党を批判する前にやることあるんじゃないの?引退した人達には責任ないのか。

こんな国会だから、参与辞任だって、本心なのか?管おろしの布石なのか?わかんなくなっちゃうじゃないか!

大前研一

| | コメント (0)

2011年5月 1日 (日)

震災〜メディア

今日、テレ朝の「サンデーフロントライン」で、内閣広報室の下村氏が出演。震災以降の官邸からの情報公開について説明していました。

基本一方的に「あなたは自分のたち位置がわかっていない」「管首相の声だけ伝えればいい」など批判を受けていました。

広報室、下村氏が100%正しい働きをしている、とは思わなかった。しかし、それ以上に感じたのは、「なんか、テレビってえらいんだな」って感じ。

「国民に情報が伝わっていない」と批判してたけど、広報室が出している情報を拾っていないのは、マスコミの方じゃないかな?

テレビ「震災後新聞が見直されてまして、お年寄りや被災地の方はネットとか見れませんから」

下村「やってます。新聞はより必要な地方新聞、被災地など届かないところには壁新聞を5000カ所に貼ってます」

東京にいて、東京のマスメディアに露出している情報ばかり取り上げていたら、現場のことはわからないよね。

批判するだけじゃなく、協力することも出来ると思うけど、そういうことはしないのね。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »