« 2011年8月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月23日 (水)

立川談志さん

僕が小学生の頃、父親の仕事の関係でたまに国立演芸場で寄席を見ていた。そこで、初めて見たのが立川談志の落語。

「じじい死んじゃえ」とか「ばばあばっかりだよな」などと始まり、数人の老人が席を立って帰って行ったのを見て、子供心に「この人、こんなこと言っていいんだろうか?」と凄く心配になったのを覚えています。

20才近くなり、再び落語を聞くようになって、「話芸」だったことを知った訳ですが、当時は真面目に心配しました。だってお客さん帰っちゃうんだもん。

そんな落語はもう見たくても見れないんだと思うと、自分が長く生きてきた実感とともに悲しく思います。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (1)

2011年11月21日 (月)

「エル・スール」

11月24日 NHK-BSで放送!

前日の23日には「ミツバチのささやき」も放送!

僕はどっちかって言うと「エル・スール」派。映画学校で娘と父親の別れの会話のシーンをパクったシナリオを提出したけれど、1mmも理解されなかった。多分パクる技術すらなかったからだろう。

| | コメント (0)

2011年11月19日 (土)

カリーナの林檎

久しぶりにブログ書いたら連日に……。

本日からかつて大変お世話になった今関あきよし監督の7年越しの新作が公開されました。

カリーナの林檎〜チェルノブイリの森〜
シネマート六本木

チェルノブイリの原発事故を背景に、一人の少女の日常を追った物語です。
詩的で美しい映像、主演の少女の存在感。
今年度の日本アカデミー賞新人賞受賞間違いないくらいの名演!
でも、無視されるんでしょうね。なぜならこの映画、完全に監督の自腹の自主映画。しかし、エンターテイメント映画の映画監督なので、できは完全にプロの映画です。

福島も依然収束を見ない中、「今、映画に、僕らになにができるのか?」を考えさせられる映画になっています。

ぜひ、一人でも多くの方に見ていただきたいと思っています。

| | コメント (0)

白崎映美  月の見る夢

先日上々颱風のボーカル、白崎映美ソロライブに行ってきました。

思えば20才の時、初めて海外をふらふら。
その時、世界では湾岸戦争が勃発。「日本は金だけ出して、自ら手を汚さない」と一方的な批判を浴びていました。悲しかったのはその論法に日本が反論できないこと。(反論している人は沢山いましたが、海外では声が届かない。「グローバルスタンダード」という名前の「欧米主義」が吹き荒れていました)若気の至りで悔しくて悔しくて。

そんな時、日本で聞いたのが上々颱風1stアルバム。古今東西縦横無尽なサウンド。恋愛だけじゃない歌詞。こんなにも日本を感じながら、世界を感じる音楽があるんだ!と感動しました。

以来、「彼らの音楽で映画を撮りたい」と思いつつ、何にも出来ないまま現在に至っている訳ですが……。

ひょんなことから白崎さんと知り合い、ソロライブを知ってからは毎年楽しみに行っています。そして今年も。相変わらずカッコいいんですよね。セクシーでパワフルでコミカルで。

という事で、年末にまたまた元気をもらったので、世知辛いこの世の中を頑張って生き抜こうと思いました。

上々颱風/風の祭り〜CARNAVAL〜 上々颱風/風の祭り〜CARNAVAL〜

販売元:アサヒレコード
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年12月 »